5月18日(金)熊本市消防局中央消防署の隊員の皆さんをお招きし、「AEDと心肺蘇生法」の

職員研修を実施しました。

まずは、10分ほど座学、隊員の方が気さくに話してくださるので緊張がなくなり、リラックスできました。

次は、いよいよ心肺蘇生法についての練習です(できるかなぁ~)

職員はみんな正座をして真剣に隊員の方の説明を聞いております。

隊員の方の模範指導(さすがに、すごいっ!)

それでは、いよいよ職員の練習です。(できるかな~)

いち、に、いち、に~ 同じタイミングで!     館長も頑張ってます!!

隊員の皆さまによると、「希望荘職員の心肺蘇生はたいへん上手ですね」と、お褒めのお言葉を頂きました!

次は、AED(自動対外式除細動器)の使い方の説明です(とても分かりやすかったですよ~)

救急車が到着するまでの平均時間は8分、その8分の間でAEDを使って心肺蘇生を行います。

では、さっそく職員を2チームに分けてやってみましょう!!

倒れている人に声をかける職員、救急車を呼ぶ職員、心肺蘇生を始める職員の役割分担をし、

交代しながら心肺蘇生をしていきます(これは、かなりきついです)

今回の職員研修では、希望荘の職員ひとりひとりが「救命救急の大切さ」をあらためて知る

良い機会となりました。利用者の皆様、地域の方々のお役に立てるような職員研修を今後も

企画していきたいと思います。

最後に、熊本市消防局中央消防署の隊員の皆様、お忙しい中、ご指導いただき、ありがとう

ございました。